Works

北海道の志ある若者を紹介するドキュメンタリー「Youngtious」(ヤングシャス)

北海道の志ある若者を紹介するドキュメンタリー「Youngtious」(ヤングシャス)

北海道の志高い若者を紹介するWebメディアの「Youngtious」(ヤングシャス)。テレビなどのメディアとは違い、Web上で見てもらうということから、全体の映像の長さを3分とし、そのドキュメンタリー映像から気づきや学びを得られるということを念頭に置いて制作をしている。Youngtiousの映像を見ることで、その人のことをもっと知りたいと思ったり、その会社や組織について興味を持ったなど、3分の動画でその人のことをT-UPする映像に仕上がり、メディアとして、定期的に更新をし続けることを目指している。

Youngtious Youtubeチャンネル

Youngtious #2「柴田涼平」

やっとかめ

イタリアンカフェレストラン・やっとかめ

やっとかめは札幌の北郷にあるイタリアンレストラン。オーナーの大島さんは「コミュニティの場として地域の方が集まれる場所にしたい」と考えおり、良心的な価格で貸し切りができるので記念日や小さなお子さんがいるママ友の集まりに利用もらいたいと思っている。
しかし、お店を立ち上げたばかりということもあって、やっとかめのセールスポイントはまだ広まっていないという課題があった。そこで、弊社では店内を360度パノラマ写真で見せることができるGoogleストリートビュー屋内版の導入とメニュー撮影の提案・撮影を行った。お店を検索した際に統合された情報が表示されるGoogle+ローカルページに対応することで、今後は「北郷 ランチ」などの地域と業種で検索したさいに上位表示されやすくなることが考えられ、やっとかめの良さを知ってもらう準備の一つができた。

イタリアンカフェレストラン やっとかめの360度Googleストリートビュー

北海道食べる通信2016年12月号

北海道食べる通信2016年12月号

北海道食べる通信は、隔月で北海道内の食材とその食材や地域の魅力が詰まった雑誌が届くメディアで。2016年12月号では、北海道紋別郡湧別町のサロマ湖の芭露地区で活動されている芭露牡蠣出荷組合の方が、芭露牡蠣や芭露ブランドへのこだわりをインタビューや実際の漁の映像とを交えて紹介。あくまで、主役は被写体でありすでに魅力に溢れたコンテンツを変に飾らずに届けることをコンセプトにした映像に仕上がっている。

北海道通信2016年12月号 芭露かき映像

名寄市地域子育てセンター「ひまわりらんど」

名寄市 地域子育て支援センター「ひまわりらんど」

北海道名寄市にある地域子育て支援センター「ひまわりらんど」の紹介映像。移住促進の取り組みのイベントの中で、子育て環境の良さを伝えるツールがほしいということで、写真撮影と合わせて1時間程度で撮影。単に施設だけの紹介ではなく、実際に施設で働いている職員のインタビューを交えることで、より施設の雰囲気やハード面の良さだけではなく迎えるスタッフの魅力を飾らずに伝え、より“温かさ”を意識した映像となっている。

名寄市子育て支援センターホームページ

ホテルオークラ札幌

ホテルオークラ札幌

札幌市内にあるホテルオークラ札幌は、国内のみならず海外からの利用者も多い人気ホテルだ。そこで、さらに利用者の利便性を向上させようとホームページをリニューアルをしている中で、Googleストリートビュー屋内版を導入。施設紹介のページを写真で見せるだけではなく360度見れるようにしたいというアイディアを形にした。そして、Googleストリートビューを導入することで中を360度見れるようにするだけではなく、施設の設備に対する質問の電話や宿泊時の「写真と違う」といったクレームの減少によるコストダウンや、Google+ローカルページにおける検索順位の向上などの副次的な効果も狙っている。

ホテルオークラ札幌の360度Googleストリートビュー

湧別町かみゆうべつチューリップ公園 紹介映像

北海道紋別郡湧別町にある「かみゆうべつチューリップ公園」の紹介映像です。ドローンを用いて撮影した映像素材を元に、施設や公園の紹介を目的した映像です。もともとある素材を有効活用できていなかったというところと、イベントで使う関係で納期を急ぎたいということで、素材をもらってから約1週間程度で完成。道の駅などのモニターや役場のモニターなどでも活用される予定とのこと。

かみゆうべつチューリップ公園ドローン映像

まちづくりラボ

まちづくりラボ

全国のまちづくりや地域活性化の事例や取り組みを、様々な視点で紹介していく「まちづくりラボ」。これだけ全国で地方活性化が叫ばれる今日だが、実際に地方活性という仕事や取り組みについて一言では言い表すことは難しく、行政、民間、個人はもちろん、あらゆる幅広いジャンルから実際に取材を通して取り組みを紹介していくメディア。メディアの立ち上げに伴い、無駄な制作コストを極力抑え、コンテンツが活きるようなデザインや制作体制となっている。

まちづくりラボ

LA SIESTA(ラ・シエスタ)

LA SIESTA(ラ・シエスタ)

「LA SIESTA(ラ・シエスタ)」は札幌に新しく出来たハンモックヨガのスタジオ。新しいスタイルのヨガは注目を集め、テレビや雑誌、新聞などで取材されることが多かったが、ホームページの制作が終わっておらず、店舗名を検索しても広告を載せている媒体メディアにしかたどり着かないという状況だった。機会損失につながりかねないため、まずは無料ですぐにできるGoogle+ローカルぺージの立ち上げを行い、より情報が見えるようにGoogleストリートビュー屋内版を導入するなどして、ホームページができるまでのネット上の受け口を作った。

LA SIESTA(ラ・シエスタ)のGoogle360度ストリートビュー

ReadyFor?

READYFORマンスリー IMCCDカンボジアでの地雷除去活動

クラウドファンディング国内最大手のReadyforは、「一度きりの支援だけではなく、継続的な支援が必要な人に資金が届くようにしたい」という想いから「マンスリーサポーター」というプログラムを新しく始めた。その中で、一度支援をしてくれた人へのお礼と、継続的な支援を呼びかける映像を制作。カンボジアに赴いたReadyforのスタッフが撮影したデータ素材をもとに、インタビューをストーリーになるように編集し、イメージカットを追加。写真だけでは伝わらない地雷の恐ろしさや、現地の雰囲気を伝える手段としての映像はとても好評で、継続的な支援の目標額の達成に貢献した。

IMCCDカンボジアでの地雷除去活動映像

粋Laboratory

オーガニック居酒屋・粋Laboratory

「粋Laboratory」は札幌にあるオーガニック居酒屋。当時のメニューは商品名と価格しか載っていないもので、写真を載せたものを作りたいという希望があったため料理の写真撮影を行った。一般的に飲食店のメニューの写真撮影は一度に行うため廃棄の食材が多くでてしまう。しかし、今回は一つ一つの食材にこだわりぬいている粋Laboratoryの想いを重視し、「撮影後においしくいただく」をモットーに3日間にわけて撮影。また、店内の雰囲気を伝えるためにも、Googleストリートビュー屋内版の導入も行った。

粋LaboratoryのGoogle360度ストリートビュー

京都 凛

ホテル・京都 凛

「凛 -RIN-」は京都にある古民家を改装した貸別荘。オープンしたてで外部に公開する情報が少ないため、Google+ローカルぺージの作成と、Googleストリートビュー屋内版の導入を行った。貸別荘のため、長期滞在を前提としているため、事前に施設内を360度みれるようにし、お客様に安心感をもって予約してもらうサービスとして、競合との差別化をはかった。また、媒体メディアに使用する写真も、色調の編集やコピーを入れるなどの加工をし「京都で暮らすように旅をする」というテーマに合った魅力あるホテルであることを伝えるツールを制作した。

京都 凛のGoogle360度ストリートビュー

北海道食べる通信

北海道食べる通信(グリーンストーリープラス)

隔月で北海道内の食材とその食材や地域の魅力が詰まった雑誌が届くメディアである北海道食べる通信の購読者を増やすべく、1日合宿を行った。「ファンを生み出すマーケティング」という考え方をもとにした研修を行った後に、北海道食べる通信を運営するチームの全員が自分たちのサービスをよりよくするアイディアを付箋に書き尽くし、共有しあう会議を行った。また、それぞれに対して期待することや感謝の気持ちを伝える時間を作るなど、チームビルディングの要素も織り交ぜながら合宿を行い、北海道食べる通信をさらに盛り上げていくべく、運営チームがより一丸となった。

北海道食べる通信公式サイト

ノースアンビシャス

ノースアンビシャス

ノースアンビシャスの商品である「Googleストリートビュー屋内版」は、施設の中を360度見れる以外にも、様々なメリットがある。それらを視覚的に見てわかりやすく伝えられるように2分間のサービス紹介映像を制作。youtube上での使用はもちろん、営業時などにも最初に見ていただくことで、担当者の力量に左右されずサービスの大切な部分を完結に伝えられるツールとして力を発揮している。また、この映像を見て「こういうサービス映像を作ってくれないか?」というお声がけをいただくなど、副次的な効果も生み出している。

Googleストリートビューサービス映像

居酒屋くろきん 神田店

居酒屋くろきん 神田店 虎ノ門店

居酒屋「くろきん」の虎ノ門店と神田店は、団体での予約などが多く「どれくらいの広さなのか知りたい」「お店の雰囲気を知りたい」などの潜在的なニーズがあった。そこで、Googleストリートビュー屋内版を導入し、利用者が安心して予約できるように事前に店舗の中を見れることができる状況を作った。また、周囲に競合が多い中で、ストリートビューの導入でGoogle+ローカルぺージの順位を向上させ、固定費のかからない集客を可能にするツールとするなどの副次的な効果も狙っている。

居酒屋くろきん 神田店のGoogle360度ストリートビュー

ウィルフォワード

株式会社ウィルフォワード オフィス

東京都目黒区に一軒家オフィスを構える会社「株式会社ウィルフォワード」は、「世界を一つの家族にする」というビジョンを持ち、その想いの元にキッチンで一緒に料理を作り皆で食べるなど、家族のようなつながりを持って仕事をすることを大切にしている。そんなウィルフォワードの「一軒家で仕事をしている」ということや、「皆で食事を食べているという会社の雰囲気」などをより伝えるために、Googleストリートビュー屋内版を導入。メンバーを面白おかしく出演させることでさらに雰囲気を伝えることができ、会社のブランディングや採用活動などで力を発揮している。

ウィルフォワードのGoogle360度ストリートビュー

ノースアンビシャス

ノースアンビシャス

ノースアンビシャスは、「北海道を本気で良くしていきたい」という志一つで設立した会社。代表の田中と、クリエイターの小坂の二人が手掛ける業務範囲は、コンサルティングやファンづくりマーケティング、Web制作やVR(ヴァーチャルリアリティ)、映像制作、写真撮影など多岐にわたるため、一口にどんな会社なのかを説明できるツールが求められていた。そこで年始の挨拶に変えて、2016年にノースアンビシャスで起こった5大ニュースを伝えるという切り口で会社の広報を行う映像を制作。自分たちが大切にする価値観や会社の雰囲気なども伝えられるため、初めて会った人への会社紹介ツールとしても力を発揮している。

【新年のご挨拶】ノースアンビシャス 2016年5大ニュース

北海道内信用金庫密着ドキュメンタリーシリーズ「STORY~地域を紡ぐ~」

北海道内信用金庫密着ドキュメンタリーシリーズ「STORY~地域を紡ぐ~」

北海道の地域の為に働く人と、それを支える道内信用金庫で働く職員の方々にスポットを当てるドキュメンタリーシリーズ「STORY~地域を紡ぐ~」。信用金庫の仕事内容を詳しく知っている人は多いとは言えず、特に若年層にとっては身近でないということもあり、その認知度を上げていきたいというニーズはどの信用金庫も同様に抱えている課題だった。そこで、道内に22ある信用金庫で起こった様々な心温まるストーリーをドキュメンタリー映像にして紹介するシリーズを開始。信用金庫の「地域のために働く」という共通の理念を体現するような実際にあった話をストーリー形式で紹介するため、信用金庫が大切にする価値観や仕事内容についての理解をすることができるため、地域でのブランディングはもちろん、採用などの用途でも力を発揮している。

STORY~地域を紡ぐ~ youtubeチャンネル

STORY ~地域を紡ぐ~ file.1 「ハンサム食堂×伊達信用金庫」

北海道食べる通信2017年4月号

北海道食べる通信2017年4月号

北海道食べる通信は、隔月で北海道内の食材とその食材や地域の魅力が詰まった雑誌が届くメディアだ。2017年4月号では、北海道幌泉郡えりも町庶野漁港で活動されているつぶ籠部会の方たちを取材。庶野の漁師の方々が誇りを持っている「えりものつぶ貝」を、一人でも多くの人に食べてもらうために、漁獲量が減っている中で乱獲せず、後世へと残すために漁獲量を調整しているこだわりなどを、インタビューや実際の漁の映像、ナレーションを交えて紹介。普段カメラなどに慣れてはない漁師の方達ではあったが、8時間の漁に同行取材をさせていただき、ともに波に揺られる中でようやく心を開けていただけた状態で、純粋な「つぶ漁」への想いを語っていただいた。その言葉を飾らずに、正直に届けることをコンセプトにした映像に仕上がっている。

北海道食べる通信2017年4月号 えりも町庶野地区で獲れるつぶ貝映像

北海道150年事業ポータルサイト

北海道150年事業ウェブサイト

北海道150年事業は、2018年に、「北海道」と命名されて150年の節目を記念して北海道庁が主導している事業。組織や個人を越えて、これまでの150年の歴史や偉人たちを振り返り、感謝をすると共に、これからの50年の未来を描いていくことを目的としています。その北海道150年事業の取り組みを発信していくポータルサイト(発信拠点)を見越して、ウェブサイトのリニューアルを担当。制作パートナーと共に、北海道らしさを表現するべくファーストビューでは、北海道を代表する写真家の協力の元、北海道の四季折々を表現する写真を活かすデザイン、幅広い年代層にも受け入れられやすいフォントサイズ、メニュー配置など工夫を凝らしている。今後、事業に関する情報のみならず、150周年事業のポータルサイトとしてふさわしい企画やコンテンツを更新し続けていく予定。

北海道150年事業ウェブサイト

札幌パークホテル

札幌パークホテル

札幌市にある札幌パークホテルは、札幌市内中心部でも最大規模の大きさを誇る大手ホテルの一つ。近年、海外からの利用客の増加を見越して、ホームページのリニューアルを進めている中で、施設内を360度見ることができるGoogleストリートビュー屋内版の導入を検討していた。施設内を360度見渡すことができるVR、としてだけではなく、Googleによる検索優位性があることや、海外などのイベントやカンファレンス等で施設内を紹介する上で、紹介するツールとしての使い方も見据え、導入を決めた。また、施設内を表現する上で、Googleが指定する条件下において、最高画質で提供できる状態で撮影をし、施設内の魅力を申し分なく伝えきるようにしている。

札幌パークホテルのGoogleストリートビューを見る

株式会社大久保恒産

株式会社大久保恒産 職人採用WEBマーケティング

神奈川県横浜市に本社がある株式会社大久保恒産は、足場工事を中心に事業展開をしている会社。主たる事業である足場工事の職人の採用を強化していくべく、ホームページのリニューアルや映像の制作、新卒採用のコンサルティングなどを幅広く展開。さらには、職人採用に特化したランディングページを制作し、リスティング広告(PPC)やSEO対策、アクセス解析といった幅広いWebマーケティングの手法で、これまでは採用が出来ていなかった全国から若い職人の採用に成功している。(主にノースアンビシャスは、リスティング広告の運用を実施。株式会社ウィルフォワードとの共同プロジェクト)

大久保恒産コーポレートサイト

株式会社グラティアンス

株式会社グラティアンス シリーズドキュメンタリー映像制作

東京都に本社がある株式会社グラティアンスは、新規の営業活動を一切行わず、紹介でのみ事業を展開している不動産売買などを中心に事業展開する企業である。業界の常識を打ち破り、今つながりのある顧客をトコトン大切にしている。その結果、顧客の成果を出し続けていくからこそ、紹介や口コミが起き、結果、自社の売上にもつながるという強い考え方を持っている社長の信条をドキュメンタリー映像で表現。今後、顧客や知人がグラティアンスのことを紹介するときに、ドキュメンタリー映像を見てもらうことで、言葉だけではなく行動や思考までをも伝えるツールを狙って制作をした。※映像非公開

デス・ペレイト株式会社

デス・ペレイト株式会社 グループ施設ブランディング映像

京都府を中心に展開しているデス・ペレイト株式会社は、古い建物を改装して立ち上げたホテルや一棟貸しの宿泊施設の運営を行っている。和を基調に日本らしさや京都らしさを出したグループ全体の映像を、ブランディングとインバウンド集客を目的にして制作。グループ全体が持つ世界観や京都の魅力、イメージを短時間で伝える映像に仕上がった。また、SNSの広告などで海外向けに発信する為に、スマートフォンユーザーをメインターゲットに見据えた縦長の映像も別バージョンで制作した。

デス・ペレイトグループホテル施設イメージ映像(横)

デス・ペレイトグループホテル施設イメージ映像(縦)

Rotable in Owase

Rotable in Owase

東京渋谷区にあるフレンチレストラン「ピニョン」で働く横山太郎は、料理に使う魚の仕入れ先である三重県尾鷲市で、地元の食材を地元の生産者と地元で食べるイベント「Rotable」を企画している。その開催費を募るクラウドファンディングや、ブランディング用のWebページ用に使用するコンセプト映像を制作。雨と山が多い尾鷲だからこそ豊富な漁場となっている背景や、漁師の苦労、市場でのせりや魚屋で卸す様子などを5日間密着し撮影。一つの料理が出来上がるということがどれほど奇跡的なことなのかというストーリーを、綺麗な映像とインタビューを織り交ぜて表現した映像となっている。

Rotable in Owase(限定公開)

株式会社テックサプライ

株式会社テックサプライ 警備員 採用映像

テックサプライは、札幌にある清掃や警備、保守管理などを行う会社。事業拡大の為、警備員を募集している中で、旧来の媒体だけではなく、SNSなどで募集をする際の”武器”が欲しいということで、90秒の採用映像を制作。採用の時期を逃さない為に「今すぐ欲しい」ということもあり、打ち合わせから約2週間後には納品という、スピーディーな制作を行った。映像内では、警備のやりがいだけではなく、テックサプライならではの魅力を実際に働いている社員が話すという形を選択し、作り物ではない”リアリティ”を伝えることにこだわった。

株式会社テックサプライ警備員募集映像

花悠遊観光客推進協議会(紋別市・湧別町・滝上町)

花悠遊(HANAYUYU)観光プロモーション映像

道東のオホーツク、紋別市・滝上町・湧別町の3自治体の観光協会が連合で、「紋別の宿泊施設」「滝上芝桜公園」「かみゆうべつチューリップ公園」をプロモーションする取り組み”花悠遊(HANAYUYU)”が、来年度以降の観光プロモーションのための映像。それぞれの場所で、実際にできる”体験”に焦点をあてたカットはもちろん、今までのプロモーション映像にはあまりなかったような雰囲気を大切にしたカットや、躍動感ある音楽に合わせた編集などで、自治体が作る旧来のプロモーション映像のイメージを払拭し、ワクワクする仕上がりに。また、今回撮影で使用した映像や写真のカットを別の企画でも二次利用できる素材も納品するなど、柔軟な契約形態にも応じ、次年度以降も活用できるコンテンツが揃った。

花悠遊プロモーション映像(限定公開)

湧別町観光のまちづくり推進協議会(湧別町)

かみゆうべつチューリップ公園 紹介映像

かみゆうべつチューリップ公園の園内を360度見ることができるVRの中に組み込む映像として制作。VRでは、その場にいるような感覚でチューリップ公園の綺麗さを存分に楽しむことができる一方で、その公園の歴史やどのような人がどのような想いで運営しているのかはわからない為、チューリップ公園の管理をしている稲田さんのインタビューを元に、湧別の”ソウルフラワー”であるチューリップの歴史や、大切にしている観点などを伝える映像となっている。また、VRで360度自分の好きな方向を見ることができるとはいえ静止画である為、その中に動きがあるもの、想いが伝わるものとしての映像があることによって、より臨場感があり、「綺麗」という感想だけでは終わらせず、より「行ってみたい」と思わせるファン作りを狙った制作となっている。

かみゆうべつチューリップ公園 VRコンテンツ(限定公開)

かみゆうべつチューリップ公園 VR差し込み用映像

湧別町観光のまちづくり推進協議会(湧別町)

かみゆうべつチューリップ公園 紹介VRコンテンツ制作

湧別町にある「かみゆうべつチューリップ公園」には、約7万平方メートルの園内に、およそ200品種のチューリップが手植えで植えられている。品種が違えば開花時期も若干異なる為、「満開」と言える期間は1週間程度と短い。その満開の時をいつでも見れるようにして、来年度以降の集客につなげることを目標に、観光プロモーションイベントの時や、webサイトに載せて使用することができるVRコンテンツを制作。画面右上に園内のマップを出して、360度を見ることができるポイントは3つに絞った。また、ポップアップで説明文を出したり、映像を組み込んだりと、360度が見れるだけではなく、チューリップ公園の歴史や背景、運営する人の想いはもちろん、実録した映像の持つ臨場感もプラスして、「綺麗」という感想だけでは終わらせず、より「行ってみたい」と思わせるファン作りを狙った制作となっている。

かみゆうべつチューリップ公園 VRコンテンツ(限定公開)

かみゆうべつチューリップ公園 VR差し込み用映像

黄金井脩PV映像

黄金井脩PV映像

繊細で骨のあるギターの音色、独創的な詞とメロディーでファンの魂を揺さぶる歌手として全国で活躍する黄金井脩。今までのイメージの一新と、ライブへの集客ツールとしての映像の制作を考えていたが、音楽の魅力を伝えるのに旧来のMV(ミュージックビデオ)やライブ映像ではない、新しい形はないものかという想いもあった。そんな中で、まずはアイディアを出す打ち合わせから始め、映画の予告編のような形で短時間で興味を惹くものとしてオリジナルの映像を制作。臨場感のあるライブシーンや想いを伝えるインタビュー、実際の音源を使うことで、今ある魅力を伝えることはもちろん、本当の映画のようなカットを入れる演出にもこだわった。

SDエンターテイメント株式会社

SDフィットネス WEB広告用動画コンテンツ制作

SDエンターテイメントは、北海道を基盤に全国に展開する映画やボーリングなどの室内レジャー産業を展開する大手企業の一つ。今ではレジャーだけに限らず、フィットネスや介護など、体の健康に関わる事業として多岐にわたり展開。今回は、全国に店舗を展開しているフィットネス事業において、サービスの認知をより広げていくべくために、新しい層への認知を目的としたWEBマーケティング戦略設計と、WEB広告による展開の広告を制作。特に、WEB広告では実践していなかった動画を活用とした広告とコンテンツを中心に提案し、コンテンツの制作。他媒体への展開も見据え、短期間で複数パターンを制作した。

SDフィットネスWEBサイト

パシフィックコンサルタンツ株式会社

豊浦町 町長と中学生の意見交換会ショートドキュメンタリー映像

北海道豊浦町が地域活性化の一環として、地元の中学生たちと現職の豊浦町長が、豊浦町の今と未来を考えるイベントとして”意見交換会”を開催。2日間にわたって行われた意見交換会の様子や、町長の豊浦町に対する想い、地元の中学生の生徒の感想などを織り交ぜながら、ショートドキュメンタリー映像として制作。後日開催された豊浦町主催のシンポジウムで「子供たちからのメッセージ〜豊浦町の今と今後〜」として、豊浦町民を中心に当日シンポジウムに集まった参加者に向けて、ショートドキュメンタリーを上映した。

オオヤミート

オオヤミート(北海道伊達市)紹介映像

オオヤミートは、北海道伊達市にある精肉店。しかし一般的な精肉店と違うのは、自分たちで豚舎ももち、子豚から育てているという点にある。通常は分業化がしっかりされることが多いこの業界に置いて異端とも言える体制で営業しているのは、オオヤミートの掲げる「丹精込めて作られた食べ物の持つ力は人の想像を遥かに超えている」という理念と、「食の安全への徹底的なこだわり」に他ならない。伊達市の清涼な井戸水とホエーで育てられた豚は「黄金豚」というブランド名で展開し、実際に黄金豚は特に脂身の美味しさにおいて道内でも徐々に人気のブランド豚となっている。それらの魅力をインタビューで引き出し、実際に調理した食材を食べて実感した気持ちを持って90秒の映像に編集。北海道すぐれもんショッピングに出店した店舗の紹介映像として使われているだけではなく、店舗のPR映像としての用途でも使われている。

オオヤミート紹介映像

北海道すぐれもんショッピングサイト

タカシナ観光果樹園

タカシナ観光果樹園(北海道壮瞥町)紹介映像

タカシナ観光果樹園は、北海道壮瞥町にある果樹園だ。洞爺湖の近くに位置し、その温暖な気候は果物の栽培に適しており、周囲にも果物狩りのできる果樹園が並んでいる。今回は、そんなタカシな観光果樹園が北海道すぐれもんショッピングに手作りのジャムを出品するということで、店舗のPR映像として90秒のインタビュー映像を制作。「自分が本当に食べたいと思えるジャムを作る」というこだわりや想い、ジャムを作り出すに至った経緯などを、綺麗なイメージシーンなどに載せて制作。

タカシナ観光果樹園紹介映像

北海道すぐれもんショッピングサイト

山村水産加工

山村水産加工(北海道伊達市)紹介映像

山村水産加工は、北海道伊達市にある水産加工会社だ。札幌市の人気店にも直接商品を卸すなど、その加工技術の高さは折り紙つきだ。そんな山村水産加工のこだわりは、伊達市の目の前に広がる噴火湾で取れた新鮮な魚を、朝7時に市場で始まる競りに自ら赴き、自分の目で見た魚を仕入れているというところだ。そして今回は、山村水産加工が北海道すぐれもんショッピングに出店するということで、店舗のPR映像として90秒のインタビュー映像を制作。山村水産が全ての商品に共通して持っているこだわりはもちろん、出品しているうにやホタテ、タコしゃぶなど個別の商品それぞれへのこだわりもしっかりと90秒以内で紹介する映像となった。

山村水産加工紹介映像

北海道すぐれもんショッピングサイト

S.W.FABRIK

S.W.FABRIK(北海道豊浦町)紹介映像

S.W.FABRIKは、北海道豊浦町で、こだわりにこだわったハムやソーセージを製造している。社長の福島賢一郎さんは、学校を卒業してからすぐに本場ドイツに行き調理方法を学ぶ。そこで得た製造方法を元に、地域の豚肉と、美味しい香辛料にこだわって手間暇をかけて作るハムやソーセージは、本場ドイツでも表彰されるほどの味。2008年にあった洞爺湖サミットでは、各国の要人への料理の一つとして振る舞われたこともあるという。そんなこだわりや想いを、北海道すぐれもんショッピングへ出店を機に90秒の映像で制作。「気負わずありのままを見せたい」という福島さんの話し方に、ハムやソーセージへの確かな自身が垣間見える作品となった。

S.W.FABRIK紹介映像

北海道すぐれもんショッピングサイト

湧別竜宮展望台

竜宮展望台(北海道湧別町)

北海道湧別町にある竜宮台展望台は、北にオホーツク海、南にサロマ湖が一望できる湧別町の人気観光スポットの一つだ。しかし、この自然が生み出した360度の景色を1枚の写真で説明するのは難しい。だからこそ、360度見渡せるVRでその魅力を発信するためにGoogleストリートビューを導入。少し先の地点にはキャンプ場もあり、夏は海水浴が楽しめ、冬には流氷を望むことができる。

竜宮展望台のGoogle360度ストリートビュー

湧別五鹿山展望台

五鹿山展望台(北海道湧別町)

北海道湧別町にある五鹿山公園は、夏はキャンプ場やパークゴルフ、冬はスキー場を併設し、地域の人たちにとって身近にアウトドアを感じることができる思い入れの深い公園だ。その公園の中にある展望台からは、湧別町を一望することができる。その風景をVRで発信するためにGoogleストリートビューを導入。実際に行った時には、急な階段を登りきるのにそれなりの体力が必要とされるのでご注意いただきたい。

五鹿山展望台のGoogle360度ストリートビュー

株式会社グラティアンス

新サービス「パパラッチサービス」紹介映像

「ある日、あなたがスーパースターに」というキャッチコピーの元、パパラッチを派遣する日本初、新感覚のサプライズサービスのプロモーション映像。映画の予告編のようなテイストで、使用用途を分けた40秒版と90秒版を制作。サービスのブランドイメージや世界観を伝えるものとしてだけではなく、実際にサービスを行った際の映像を撮影することで、利用した際のイメージがつくものとなっている。

札幌クララ美容皮膚科

札幌クララ美容皮膚科

札幌クララ美容皮膚科は、札幌市中央区にある美容皮膚科だ。開業して間もない中で、「手がかからず」「予算もかからなく」「効率的」な集客をする方法が必要だった。そこで、Googleストリートビュー屋内版を導入し、web上で施設内を360度見れる状態を作り、清潔感溢れる院内の雰囲気を発信するだけではなく、Google+ローカルページ(Googleマイビジネス)の検索順位の向上なども見込んでいる。

札幌クララ美容皮膚科のGoogle360度ストリートビュー

株式会社南香園

株式会社南香園コーポレートリニューアル

株式会社南香園は、札幌に拠点を置く造園を中心に事業を展開をし、創業120年を超える老舗の企業。官公庁の公共工事を除くと、個人の庭園のお客さまや法人の企業の管理メンテナンスなどそのほとんどが口コミや紹介によるもの。また、会社の離職率も過去10年以内に離職した人間が1人だけ、とノースアンビシャスが提唱している身近な人から大切にしていき発信していくというインサイドアウトマーケティングを実践されている企業でもある。そんな中、会社の看板くらいしか担っていないホームページを、より今の社員や職人、あるいはお客さまや関係者が見た時に、自分たちの会社や仕事に対して誇りを持ってもらいたいということを主目的に、リニューアルを進めていくことに。ただかっこよく使いやすいだけではなく、社員や職人が主役となるデザインや制作プロセスを重視。写真撮影においては、普段撮り慣れていない社員や職人全員を撮影をし、家族向けに働いている姿のかっこいい写真を現像し、完成前の段階で写真を渡すなど、担当者だけが制作に携わるのではなく、全員が何かしらで関わるような進め方も演出。結果的に、社員や職人たちが何度も見返したくなるようなWEBサイトに仕上がり、結果的に口コミや紹介、あるいは採用活動において成果につながるWEBサイトとなった。

株式会社南香園コーポレートサイト

五天山公園

五天山公園・宮丘公園WEBサイトリニューアル

五天山公園は、札幌市を代表する公園の一つで、特に当日手ぶらでもできるバーベキュウ場やパークゴルフ場が人気の公園。その公園の公式サイトを施設を管理している株式会社南香園のWEBサイト共に、リニューアル。特に、これまでは旧来のWEBサイトの作りであり、重要な情報など見にくいレイアウトであったが、スマートフォンに対応したデザインを採用し、より身近に使いやすく魅力発信ができる工夫を施した。また、デザインのコストをなるべく抑えるために、既存のテーマテンプレートを活用した制作によって、低予算ながらも費用対効果が高く効果的なWEBサイトに仕上がった。

五天山公園・宮丘公園WEBサイト

帯広市役所

帯広市 十勝19市町村自治体職員研修講師

帯広市は、十勝総合振興局の所在地でもある十勝を代表する地方都市。帯広市が主導で進めていた十勝19市町村の自治体職員向けの研修の中で、「情報発信」というテーマにおいて、代表の田中が講師として1日研修を実施。情報発信という新しいテーマであり、参加者の求める内容のバラ付きがある中で、事前の打ち合わせややり取りを重ねて準備。情報発信に関する基本事項、時代によるマーケティングの変化、地域ブランディング戦略、WEBマーケティング戦略と言った概念的な内容から、スマートフォンによる写真の効果的な撮り方、チラシなどのキャッチコピーの作り方、など実践的な内容をワークショップを挟んで実施するなど、多岐にわたる研修構成により、高い満足度を得ることができた。(株式会社アムリプラザからの受託業務)

北海道150年事業

北海道150年 キックオフ特別イベント ティザーページ制作

北海道は2018年命名150年を迎える。それを記念して、北海道庁が主導となって様々な事業を展開しているが、その2018年を盛り上げるイベントとして、2月5日に映像と音楽を活用したキックオフイベントを開催。そのイベントを伝えていくためのティザーページを企画・制作。相談をもらってから短納期かつ、ティザーページらしく、イベント内容やコンテンツが柔軟に変化していくのに合わせ、素材など制約がある中でサイトを仕上げていくことに成功。作成後も、出演者の情報を発信したり事後のレポートを掲載するなど、柔軟な対応を見据えたサイト設計となっている

北海道150年キックオフ特別イベント

国際自動車株式会社(kmタクシー)秋入社映像

国際自動車株式会社(kmタクシー)秋入社映像

国際自動車株式会社(kmタクシー)は、東京にある最大手のタクシー会社だ。秋入社(10月入社)の応募数をさらに向上させるためのツールとして”映像”を制作することに。その中で秋入社の人のニーズが春入社(4月入社)とは少し違い、「何やらおもしろそう」という初歩の動機づけのためのコンテンツというよりは、「具体的に内容を知りたい」というニーズがあるという採用市場の背景を踏まえ、国際自動車に秋入社することのメリットや情報をしっかりと伝えるという方向性にして制作。10月入社へ向けてのアプローチであるため1日でも早く公開するために、撮影から約1週間で納品というスピーディーな制作となった。

国際自動車秋入社映像

ウッディークラフト OB感謝祭映像

ウッディークラフト 感謝祭映像

ウッディークラフトは、中標津・釧路など道東エリアを中心に、新築や注文住宅を建てる住宅メーカーで、特に”木を使った家を作ること”に強みを持っている。そんなウッディークラフトという会社は、商材である木に独特の”温かみ”があるように、お客様に対してもとても”温かい”会社であり、生涯に渡ったアフターサービスはもちろん、年に1回、ウッディークラフトで家を建てたお客様を招いた感謝祭を行っている。その感謝祭の様子を伝える映像を制作。実際のお客様のインタビューも入れることで、社員の周りの人や、お客様の周辺にいる人が自然とウッディークラフトの良さに気がつけるような仕掛けがあり、インサイドアウトでファンを増やしているウッディークラフトのファン作りをさらに加速させる映像となった。

森造園映像シリーズ「Forestory」

森造園映像シリーズ「Forestory」〜お客さまの声映像〜

森造園は、札幌市にある造園やエクステリアを行う会社だ。森造園のエクステリアのデザインと施工は、全国の様々な賞を受賞するなど、その実力は折り紙つきだ。北海道にありがちな平坦な庭ではなく、アルミ商材などを使い立体的で使いやすいエクステリアをもっと増やしていきたいという想いから、森造園で理想のお庭を手にいれたお客様のストーリーをドキュメンタリー映像で伝える本作品が完成した。シリーズ映像を前提として作られ、第1作目は「家族が集まり、笑顔が溢れるお庭」をテーマにストーリーを展開。ただ綺麗なお庭を手に入れるというストーリーだけではなく、お庭を作って得られた価値にも焦点をよせ、働く職人たちにとっても「自分たちが何のために働くのか」を再確認できる研修映像としての効果や、就職を希望する人に見せる採用映像としての効果も発揮している。

森造園でお庭を作った方のドキュメンタリー「Forestory」

北海道食べる通信2017年8月号 写真撮影

北海道食べる通信2017年8月号 写真撮影

北海道食べる通信は、隔月で北海道内の食材とその食材や地域の魅力が詰まった雑誌が届くメディアだ。2017年8月号では、北海道天塩町のしじみ漁を取材。まず驚くのはその大きさだ。通常のしじみは大きいものでも1.5cm程度なのに対し、手塩のしじみは4cmほどの大きさがある。その漁の歴史は古く、江戸時代から続くもので、長らく地元の漁師たちが乱獲して数を減らさないよう注意深く受け継いできた。そんなしじみ漁の写真を撮影。また、手塩川の特殊な地形を伝えるために、ドローンを使った写真撮影なども行った。

とうべつ浅野農場写真撮影

とうべつ浅野農場(北海道当別町)写真撮影

北海道当別町にある「とうべつ浅野農場」は養豚や農業を営んでいる。ここの豚は、当別で取れた小麦を食べて育つ無菌豚だ。そして、養豚の過程で出る堆肥を使い、アスパラやトウモロコシなどを育てている。無駄なものを作らず、資源や健康を循環させていくという想い。そんな想いから出来上がる無菌豚や野菜を、当別の地域のみならず全道や全国へと届けたいと、とうべつ浅野農場を知ってもらうパンフレットを制作する際に必要となった写真を撮影。とにかく、とうべつ浅野農場の想いや魅力を届けたいという想いでシャッターを切った。

サツドラホールディングス株式会社

サッポロドラックストア 社内イベント「サツドラアワード」用映像制作

全国に180店舗以上展開する北海道を代表する一部上場企業「サッポロドラックストア」にて行われた社内イベント、サツドラアワード。第二創業期としてグループ企業が一丸となって新しいことにチャレンジして行くためにも、今まで培ってきた「サツドラらしさ」をそれぞれが実感し、行動に移していくことができる会社を目指すべく、文化や理念の言語化を試みることを目的に行ったイベントだ。その方法は、「あなたの周りにいる”サツドラらしい人”を教えてください」と全従業員に呼びかけ、集まった800通以上の推薦状の中から選考を重ね、アルバイトと社員を3名ずつ計6名ノミネート。その6名の働き方や考え方の素晴らしいところを探るべく、1人ずつ取材し、3分〜4分で紹介するキュメンタリーを6本制作した。背景にあるストーリーや想い、実際の行動や具体的なスキルなどにまで及ぶ一種の教育コンテンツとなっている本作は、当日のアワードの様子を含めて全従業員がいつでもアクセスできる映像として配信することで、当日に使用するだけではなく日頃から視聴することでさらに学びを深められるものとなっている。

株式会社グラティアンス

株式会社グラティアンス シリーズドキュメンタリー映像制作

ENDEAVORの第二弾は、新卒で保険業界に飛び込んで現在18年目、ジブラルタ生命の保険外交員、尾崎さんに密着。全国に約23万人の保険外交員がいるうち、トップセールスをあげている中でも約60名しかいないTOT会員の女性だ。3年間で9割の保険外交員が成果を出すことができず、望んだ報酬をもらえずに保険業界を去るという現状だからこそ、尾崎は“長く続ける”ために続けてきた努力とストーリー、その中で生まれた信条をドキュメンタリー映像で表現。今後、顧客や知人が尾崎さんのことを紹介するときに、ドキュメンタリー映像を見てもらうことで、言葉だけではなく行動や思考までをも伝えるツールを狙って制作をした。

SDエンターテイメント

SDフィットネス テレビCM映像制作

SDエンターテイメントは、北海道を基盤に全国に展開する映画やボーリングなどの室内レジャー産業を展開する大手企業の一つ。今ではレジャーだけに限らず、フィットネスや介護など、体の健康に関わる事業として多岐にわたり展開。今回は、2017年10月に札幌白石店が新しくオープンしたことを地域に宣伝すべく、15秒のテレビ用CMを作成。オープン前にHTB系列で放送されたほか、15秒の短い映像という取り回しの良さから、CM放映後もSNSでの広報や、店舗のエレベーター内のサイネージなどでも使用して力を発揮している。

SDエンターテイメント

SDフィットネス 新サービス紹介ドキュメンタリー映像制作

SDエンターテイメントは、北海道を基盤に全国に展開する映画やボーリングなどの室内レジャー産業を展開する大手企業の一つ。今ではレジャーだけに限らず、フィットネスや介護など、体の健康に関わる事業として多岐にわたり展開。今回は、2017年10月に新しくオープンした札幌白石店にて行われている新サービスを紹介するドキュメンタリー映像を制作。ジムの中心に常にトレーナーが常駐し、いつでも毎回気になったことがあればすぐに質問できるだけではなく、トレーナーからも積極的に声をかけるなどして、お客様の「ジムを続けて美しい体を手に入れたい」という気持ちに寄り添うのが特徴だ。開発トレーナーへのインタビューと、実際にプログラムを体験したお客様のインタビューによるドキュメンタリーに仕上がっている。また、SNSでの広報や、Youtubeでの映像広告運用なども見据え、導入用の15秒映像も2パターンやGIFバナーなども一貫して制作。